DirectX12を始める。

msdnの以下の記事を参考に簡単なゲームを作ってみる。

DirectX12はおろか3Dには初めて挑戦。C++も独習C++ 第4版
を読んだだけなので
間違っているところつまづくところは多々あるがご了承ください。

https://msdn.microsoft.com/windows/uwp/gaming/tutorial–create-your-first-metro-style-directx-game

前提としてwindows 10が動くパソコンを用意する。
メモリは8GB以上あるといい。

まずは、Visual Studio 2015 community をインストール

vs_community_ENU.exe

をインストール。
このとき、windows SDKがインストールされるようにチェックを入れておく。

そのままだと起動したときに英語なので
vs_langpack.exe
をインストール。

Visual Studio 2015を起動して、Tools>Optionsを開きInternational Settingsのところで
日本語を選びVisual Studio を再起動。

Windowsの設定で更新とセキュリティー>開発者向け

[開発者向け機能を使う]の画面で[開発者モード]を選択する。

これで開発環境が整った。

次にプロジェクトの作成をする。
Visual Studio を起動。
ファイル>新規作成>プロジェクト>テンプレート>Visual C++>DirectX12アプリ(ユニバーサルWindows)を選ぶ。

適当な名前をつけてOKを押す。

ユニバーサルWindwosアプリケーションがサポートする最小のターゲットプラットフォームバージョンを選択します。
の画面がでるのでそのままOKを押す。

F5を押すとビルドが始まり実行される。四角いカラフルな箱が回転している。

Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です