FileTypesManで既定のプログラムの変更

すでに激指13でkifを開くように設定しているのだが、
新たに激指14を購入した。

そこで激指14でkifを開くように設定しようと思ったが、
なぜかWindows10の規定のプログラムの設定では
でkifを開くように設定できなかった。
激指14を既定のプログラムに指定しても
kifをダブルクリックすると激指13で開いてしまう。

FileTypesManをダウンロードして設定したらうまくいった。
このソフトはWindowsの既定のプログラムの設定ではできない
コマンドラインのパラメータの設定などもできる。
Windows98のころのファイルの拡張子に対するプログラムの設定方法に似ている。
ただし、日本語パッチをあてることもできるがデフォルト表示は英語。
詳しい説明はVectorなどにあるのでぜひお試しあれ。

単純なつくりのほうがバグが少ないということなのか
Windowsはアップデートするごとにバグが増えているような気がする。

Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です