Visual Studio 2013 Express for windows Desktopとsourceforegeの同期

Visual Studio 2013 Express for windows Desktopとsourceforegeの同期をしてみた。

残念ながら、Expressエディションでは サードパーティーのプラグインを自由にインストールすることができない。

そのため、AnkhSVNは使用できない。

しかし、Microsoft Git Providerはインストールできる。

つまりGitでリポジトリを作ればExpressエディションでもsourceforege.co.jpでソースを公開できるというわけ。

まず、Microsoft Git Providerのインストールをする。

そのご、Git GUIを開いてヘルプ→SSHキーを表示させる。

公開キーがないときは「鍵を生成」が有効になっているので「鍵の生成」を行う。

sourceforege.co.jpの右上にあるアカウント名をクリック→ユーザ設定を開いて

SSH公開鍵の管理ページへ行くと、公開キーを追加できるので、できた公開キーを追加する。

プロジェクトか作業部屋でGitのリポジトリを作ってR/W(HTTPS)のGitのURLを

Visual Studioのチームエクスプローラーで指定して複製する。

あとはソリューションエクスプローラーからコミットして同期をすればよい。

 

Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です